【秋の映画】「スウィート・ノベンバー」レビュー【紅葉】

star2

仕事が生き甲斐のネルソン(キアヌ・リーブス)は、出会ったサラ(シャーリーズ・セロン)から「私の11月にならないか?」と提案され、一ヶ月間限定のカップルとなる、、、

もうね、サラが滅茶苦茶。
ネルソンは分かる。こういうのは実際いる。しかし、サラみたいなのはいないだろ―。

毎月、恋人をとっかえひっかえ、本人曰く「私には男を救う力がある」(笑)
人付き合いが苦手な男を捕まえてきて無理やりコミュニケーションさせてるだけの気もするが、本人は良いことをしているつもりらしく鼻高々

そんなサラが善人なのは間違いないが、相手の都合を考えずに自分の考えを押し付ける自分勝手さが垣間見え、ただのお人好しには映らない。
ネルソンが彼女に不信感を抱くのも納得、彼女の滅茶苦茶な言動には狂気すら感じる

実はサラがそういう振る舞いをするのには深い事情があるのだけれど、その“そうしなければ”と“滅茶苦茶さ”が繋がった時、何とも言えない悲しい気持ちになった。

ゴールデンラズベリー賞「最低リメイク及び続編賞」「最低男優賞」「最低女優賞」にノミネートされた本作だけど、それほど酷いとは思わない。
確かにネルソンの変わり身の早さやサラの言動には不自然さを感じるが、役者が悪いわけではない。

綺麗な恋愛映画じゃないし、急にポジティブさを失う結末も賛否両論だと思う。
でも、恋愛することで変わることの素晴らしさを見せてくれる。そんな映画。

映画で秋を感じようと思ったんだけど、あまり季節感を感じなかった。
紅葉してないじゃん。

スウィート・ノベンバー(原題:Sweet November/2001年/アメリカ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告