「スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間 」レビュー

サマンサ(ナジャラ・タウンゼント)はパーティーで出会った男と一夜限りの関係を持った後、身体に異変が起き始める・・・

性病啓発映画だった。

この映画の性病はAIDSどころの怖さじゃない。感染翌日から症状が出始めて、たった3日でゾンビ化!

謎の感染症にかかり徐々にゾンビ化していく女性の苦難を描いたストーリー。だけど、本人はまさかゾンビ感染なんて思うはずもなく、身体の異変の原因は明らかに男とのSEXなので何かの性病を疑い続ける。医者の診断もそんな感じ。明らかに見た目やばいのに医者適当過ぎ(笑)

主人公サマンサの人間関係は最悪で、レズビアンの恋人には捨てられそうになっていたり、レズのせいで母親と不仲だったり、ストーカー男に付きまとわれたり。

そこにきての謎の感染症。でも、そんな状況でも彼女に同情できないんだよね。というのもサマンサはなんか嫌な奴で、レズ恋人以外の人間には冷たくて、心配してくれる母親や慕ってくる男を邪険に扱う。そのくせ、寂しくなると男を誘うビッチでもある。

いくら美人でも嫌な奴がゾンビ化しても何とも思わなくない?

なかなかストレスの溜まる映画で、恋人のことしか頭になく人の言うことをまったく聞かない自己中なサマンサにイライラ。母親も娘の異常はレズのせいだと精神科医みたいなのを連れてきたりしてイライラ。適当な診断で帰す医者にイライラ。

「ちょっと一旦落ち着け!よく見ろ?目の色おかしいから!ただ事じゃないから!」と言いたい!

パッケージで察していたけどやっぱりグロ表現がきつかった。それも内臓が飛び出てーとか首が飛んでーとかの類のグロじゃなくて、体からウジ虫が這い出てきたり、生爪がゆっくり剥がれたりとかのじわじわくる精神的にきつい系

謎が謎のままで終わり「えっ?これで終わり?」と思ったら、続編『アフターデイズ・ボディ 彼女がゾンビと化した世界』があった。

てかこの映画、邦題で最終的にゾンビになることバラしちゃってるの良くないね。先の展開が読めない方が絶対面白かったわ。

性病怖いからちゃんとゴム着けよー、って相手いないけど・・・

スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間(原題:CONTRACTED/2013年/アメリカ)


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告